襖紙などの貼り方、シワを防ぐ袋張り。

襖紙などを張る時の袋張りのやり方。周囲には濃い糊を、中央部に薄い糊を付けて貼る方法です。袋張りをご紹介します。袋張りって何?と思われるでしょうね。部屋を仕切る襖紙等を貼る時の方法です。自分で張る方も少ないのではないでしょうか。今は糊を使わずに切手のように水を付ければ貼れますが、それ以前は襖紙の裏面に糊がついていなかったのでヤマト糊などの「でんぷんのり」を使って貼っていました。写真の様に周りが濃い糊、中央部に薄い糊を付けて貼る方法です。

全体に糊をつけて貼るとシワになり易いのに、乾いてもシワが伸びることなくそのまま残ってしまいます。それを防ぐために、写真の様に刷毛などで周囲には普通に糊を付け、中心部には使用している刷毛を水に浸けて糊を付けます。刷毛に残った糊が薄められて紙に付けるというやり方です。

周りが濃い糊、中心部に薄い糊がつくことになり、少し位シワになっていても乾くと紙が縮んでピンと張ってくれるのです。よほど強いシワでない限り大丈夫です。

ヤマト糊では接着力が弱いと思ったら、木工用ボンドを混ぜてみてください。共に水溶性なのでよく混ざり、接着力が上がりますよ。この貼り方は、箱に綺麗な紙を貼ったりする時にも使えますよ。

片面に張ると乾いたときに反ってしまう。 裏側に帯状に紙を張って反りを防ぐ。両側に張る時は良いのですが、片側だけ張ると反ってしまう事があります。でも、隠れてしまうので襖紙を張ってもねぇと言う時、写真の様に反対側にも帯状で良いので張ってみてください。お互いに反りを打ち消し合いますよ。

このやり方は子どもの頃に、父親から教わりました。

文房具の使い方など | コメント(0)

簡単にできる簡易メモづくり。

取扱中のアラビックヤマト、エル、ジャンボ、補充用です。サイズの揃った用紙をたくさん手に入った。配付するため作った印刷物が余ってしまった。なんて時などどうされています?クリップで挟んで使ったり、バラのまま箱などに入れて使うのも良いですね。でも、端を糊付けして市販のメモ用紙のように簡単にできるんですよ。そのやり方をご紹介します。取扱も楽になりますしね。

道具も専門的なものは必要ありません。先日フェイスブックページでご紹介したアラビックヤマトがあればいいんです。あと、糊付けが楽になるように挟むための大きめの目玉クリップが3個程度あれば大丈夫です。

説明を書くより、動画をユーチューブにアップしましたのでそちらをご覧ください。

文房具の使い方など | コメント(0)

コクヨの防災用救助笛ツインウェーブをご紹介します。

コクヨの防災救助笛ツインウェーブです。オレンジの他に黒、白があります。明日、1月17日は阪神淡路大震災から22年になります。被災された方にとって決して忘れることのできない出来事と思います。経験のない自分にとっては幸せなことだと思うのと同時に経験者の言葉を真剣に聞き、その瞬間をやり過ごすためにも子供たちに孫に伝えたいと思います。災害発生時には自分自身を守る事しか出来ません。すぐ傍に居ても家族を守れないと思います。だったら災害が起きる前に、一人ひとりが命を守れるようにしておく事、万一の時にも助けてもらえるための努力をしておくことではないかと思います。耐震補強、家具の固定、食料や水の備蓄、帰宅困難時に持っていると便利なものなど等・・・・何が必要なのか、自分に合わせて考えています。あなたも考えてみませんか。

コクヨの防災用救助笛ツインウェーブをスマホのケースに取り付けています。古河屋は文房具屋なので、持っていると便利な防災グッズをご紹介します。防災用救助笛<ツインウェーブ>です。価格は税込みで1個540円です。価格と性能、サイズも考えればお勧めですよ。私自身もスマートフォンに取り付け使っています。何回かご紹介していますが再度ご紹介したいと思います。

コクヨのツインウェーブの特徴として
①わずかな息でも音が出ます。
②人間の耳に聞こえやすい高さの音を2種類同時に発生させます。
ツインウェーブと言う名の通り、メーカー説明によると、3,000Hzに使い音域と5,000Hzに近い音域の2つの周波数の音が一緒に鳴るので、より広範囲の人に知らせることができるというものです。
③拭き口にはキャップが付いていて清潔な状態で使えます。
名札のネックストラップに付けておくのも良いと思いますよ。

救助用の笛を購入するときは①②の特徴のある商品を選んでくださいね。安くても高くても構いませんが、音が低かったり強く吹かないと音が出ないものはお避け下さい。

コクヨの防災用救助笛ツインウェーブをイヤホンジャックで取り付けています。明日17日は、家族を守るために何をしておいたら良いのか?何が出来るのか?を、災害について考える日にしてみませんか。私自身は明日は我が身と考え、どうしたら発災時に生き延びられるのか?自分の愛する家族や大切な人をどうしたらまもれるのか?を考えています。震災後に知り合った神戸の友人は都市開発で基礎杭だらけの場所を見て、当時を思い出してしまうと涙を流していました。「倒壊しただけならまだいいよ。思い出の品を取り出せる。火災は総てを無くした」と、話してくれた。自分ならどうだろうと想像し、イメージし、考えてしまいます。

繰り返しますが、自分の身は自分で守る。私が高齢な親の身を守ることはできません。すぐ傍に居ても難しいと思います。ましてや旅行などで出かけていれば尚更です。だから家具の固定をしています。万一倒れても建物の中でも安全な場所へ移動するための時間を作ることが出来ると考えています。良く言われている優先順位は①耐震補強、②家具の固定、③備蓄です。そして帰宅困難時に役立つものを持つことではないでしょうか。

被災生活の事を考え我が家でも備蓄していますが、身近な人に話を聞くと皆さん備蓄はしていますが、家具の固定や耐震補強は考えていない様子。発災時に無事に生き延びていると言う自信はどこから来るのでしょう?大切なのは、その時々を想像すると言う事だと思います。災害の正しい情報、阪神淡路大震災の情報や中越地震の情報、東日本大震災の経験があれば、ある程度イメージする事は出来るのです。災害が起こるまでに、想像し危険性を一つでも減らすことが、被害を減らすことに繋がります。その後に待っている「まちの復旧・復興」には人手が必要です。自分が、あなたが必要だと言う事です。だったら生き延びる必要があります。なによりも家族を悲しませないためにもあなたが元気でいる必要があります。

イメージするのにお金は必要ありません。想像する事はいつでも何処でも誰でも出来るのですから。阪神淡路大震災の経験、東日本大震災の経験をどう活かすのかを考えなくてはいけないと思います。

商品の紹介 | コメント(0)

トンボ鉛筆の「軽い力で消せて、軽くテープも切れる」エアータッチシステムの修正テープです。

トンボ鉛筆の軽く消せる修正テープ、4.2mm、5mm、6mmの3種類。修正テープは苦手と言う方も多いようです。​理由は「修正テープが切れないで出続けてしまいう」とか「上手く付かないの」と言うものが殆どです。そんな心配も、トンボ鉛筆のモノエアーという修正テープ​なら解消されるかもしれませんよ​。​78×30×17mmとコンパクトなボディながら、修正テープを貼り付けていくヘッドを紙面につけるとテープのロック機能が外れ、軽くテープを使用することができます。紙面から離すとロックがかかりテープが切りやすくなっています。これまでのようにテープが切れずにダーっと出てしまい「どうも苦手なの」という人にも使い易いと思います。価格も消費税込で270円とお求めやすくなっています。

特徴は、​​78×30×17mm​と​​​コンパクトなボディなのに​修正テープの​長さは10m​​も巻​いてあります。テープの幅​は​4.2mm、5mm、6mmの3種類​あるので、手書きの文字やプリンターで出力された​大きな文字や小さな​文字にも対応できます。​

修正する時はヘッドを紙面に付けると、エアータッチシステムと呼ばれる機能で軽い力で消す事が出来、テープを紙面から離すとエアータッチシステムによりテープの供給をロックするので軽い力でテープが切れやすくなっています。

切れないで出続けちゃうからと言う人は、これだけでも使ってみる価値はあると思いますよ。​他にも
1.​手振れ補正ヘッドで、軽い力で消してもヘッドが動いて微妙な手ブレを吸収し、テープ納期を軽減してくれます。
2.​開閉式ヘッドカバーで携帯時のテープを保護​してくれます​。
3.​静音設計で、使用中に​気になるカリカリ音を低減し​たので、静かな場所での使用も安心です。
4.​新開発の密着力向上テープで紙面にしっかり密着し、上書きしても削れにくい高品質テープになっています​。

メーカーのトンボ鉛筆によるデモ動画もありますのでご覧ください。

長い距離を真っ直ぐに消したい時には、直定規などを利用して線を引くように修正テープを使ってみてください。綺麗に真っ直ぐ消せますよ。細い線などで修正ペンの方が都合が良いと思った時なども同じですよ。その時は12月22日にFbPやブログで紹介したように、定規の使い方を間違えないようにしてください。

商品の紹介 | コメント(0)

良く回って楽しくなる、民芸品の木コマの回し方。

ひもを使わずに手で回すタイプの木製の独楽(こま)です。ひもで回すタイプではなく、手で回せる民芸品の独楽(こま)です。指ではじいても回せますが、手のひらを擦り合わせて独楽を回すと勢い良く回せます。回転が弱くなったら、回っている状態でタイミング良く手のひらでこすると、コマを止めること無く回し続けられます。お正月に遊んでみませんか。1個680円です。

ひもではなく手で回すタイプの木製の独楽(コマ)です。タイミングよく手をこすって勢いをつけるのは初めてだと難しいかもしれません。加速させられず止まってしまったとか。手は擦ったけど軸に触れていなかったりと。最初は上手くいかないのが普通だと思います。でも、慣れてくると簡単に出来、楽しくなってきますよ。お正月だけでなく楽しめる商品です。

デジタルの遊びも良いですが、昔からあるアナログな遊びも楽しんでください。お子様の運動能力もアップするのではないでしょうか。お子様だけでなく大人が遊んでも楽しいですよ。木製ですが、当たると痛いので周りに注意して遊んでください。

回し方と加速のさせ方をビデオでスローモーションも交えて作ってみましたので、ユーチューブです。回転途中を省略などしていますが、動画ご覧ください。

 

商品の紹介 | コメント(0)

定規の使い方~インク編~

定規と紙の隙間に、毛管現象でインクが吸い込まれ滲んでしまう。直定規の使い方をご紹介します。線を引く時に直定規を何気なく使っていませんか?
ポスカや水性のインクなどを使った時に滲んで「うわー、やっちゃった!(*_*)」と言う覚えがありませんか?
それは、定規の上下など向きが違うからなんです。
上の写真のように使うと、定規と紙の隙間に毛細管現象でインクが吸い込まれにじみとなってしまいます。ではどうしたら・・・・

定規の向きをこうすれば、ペンと定規、紙の間に三角地帯が出来毛管現象も起きずインクがにじまない。実は、定規には斜めにカットされた部分があります。下の写真のように、この部分のある方を下にして、紙の面に当てると、定規と紙そしてペンの間に三角地帯が出来て毛細管現象も起きないので、インクが滲むことなく線がきれいに引けます。

鉛筆やボールペンなら問題ないのですが、覚えておかれると良いと思います。また、ペンと定規があたる部分にインクが残るため色を変えるとペンの脇で色が混じってしまいますよね。出来るだけ、淡い色から使うと色が混じっても目立ちにくくなりますよ。

定規も汚れるし、あとでふき取るのも大変だと思ったり、汚れで定規の制度が落ちては困ると言う方は、斜めにカットされた部分をセロテープや等で包むように張って使うのもいいですよ。もちろん、写真下のようにして使うことは同じです。使い終わったら剥がせば定規も汚れません。この時、定規より長めに張っておくと剥がす時に楽です。私はいつもこうして使っています。

以前、紹介していましたが再度ご紹介させていただきました。

文房具の使い方など | コメント(0)

枚数を多く綴じるのなら、針を使うタイプのホッチキス(ステープラー)です。

かさ張らないフラット綴じもある、針を使用するホッチキスです。書類などを綴じるホッチキスです。紹介するのは針を使うタイプです。左からコクヨの32枚綴じ、MAXの28枚綴じ。共にフラット綴じです。MAXの20枚綴じ、ピンクは針が2連100本、ブルーは1連50本装填できます。針を使うと書類などを重ねていると針の部分が盛り上がってしまいデスクに置いていて崩れたなんてことありましたよね。今は、よりかさ張りにくいフラット綴じタイプが主流になっています。

重ねてもかさ張りにくいフラット綴じが主流になってきています。 本体背中に予備の針をストックできるものもあります。 小型タイプ用の昔から変わらないホッチキスの針です。写真の様に従来にものに比べ、出っ張りが無くなったのでかさ張らないわけです。たくさん綴じる時など針が2連装填できるものもありますので交換する手間が省けて便利ですよ。背中に予備の針をストックできるタイプもあります。使う方の便利なように検討し商品化されたものを見ているのは楽しいですね。

綴じた針を外すのに便利なリムーバーもあります。書類の一部を差し替えたりするときには便利なリムーバーがあります。針を本体内にためて後で捨てればよいのでデスク周りに散らかすこともありません。コピー用紙などはリサイクルされますが、綴じた針を外さなくても再生処理には問題ありません。企業によっては廃棄処理する時に針を外す場合もありますがそんな時にもご利用ください。

針をを使わないのも増えていますが、綴じられるのは5枚~10枚です。それより綴じる枚数が多いと針の出番。小型でも普通のコピー用紙30枚程度まで綴じられますよ。それ以上だと針も本体も大きなものを使う必要があります。詳しくは声掛けしてください。

事務用品 | コメント(0)

教育折り紙や単色のおりがみ、昔からある和風の千代紙。

色込になった教育折り紙と単色折り紙や両面おりがみがあります。

一般的に初めて使う教育折り紙(下段左)と単色折り紙(上段)

折り紙、千代紙などの取り扱いをしています。取り扱っているのは株式会社トーヨーの折り紙がメインとなっています。理由は色味が豊富で、サイズも豊富なこと、メーカーが異なると色名が同じでも色味が違ってしまいますから。折り紙と言うと、一般的に初めて使うのが写真左下の教育折り紙の15cmサイズではないでしょうか。数色がセットになっていて、15cmだと金銀入りで27色27枚入り、11.8cmだと金銀入りで27色43枚入りです。大きめの17.6cmだと金銀が入って14色14枚入りです。価格は同じで1包み129円になります。子供の頃には金銀が入っているのがうれしかったですね。教育折り紙には折り方の図も入っていますよ。

単色おりがみと千羽鶴用キットとセットです。

左は単色おりがみ、右端には千羽鶴用セットとキットが見えます。

折り紙には単色もあります。7.5cmサイズはきん・ぎんを含めて21色あり、金銀は60枚包み他の色味は125枚包みです。11.8cm以上のサイズでは1包み100枚入りとなり、こちらは金・銀を含めて60色あります。一色で沢山使い時などは便利ですよ。ホームページ( http://www.kogayabungu.jp/ )に7.5cmと11.8cm以上の色見本のページをそれぞれ設けてありますので参考にしてください。

右端に映りこんでいる様な、千羽鶴セットやそれだけで千羽鶴の出来上がるキットもあります。千羽鶴は一般的に7.5cmですが、野球やサッカーなどチームカラーで作ろうとすると色が無いとか、グラウンドへ持っていくと小さく見えてしまうことから、最近は11.8cmで折る方も増えていらっしゃいます。60色ありますのでご希望に近い色が見つかると思います。折った時の大きさの違いは下にある写真を参考にしてください。

ちょっと特殊なオーロラおりがみや夜光の折り紙もあります。

オーロラおりがみや夜光の折り紙はちょっと特殊です。

お得な50色60枚入り折り紙と30柄150枚、45柄180枚入りの千代紙です。

お得な50色60枚入り折り紙と150枚、180枚入りの千代紙です。

ちょっと変わった折り紙として、左写真の右が、15cmサイズですが「光るおりがみ」になります。蛍光灯や太陽の光をためて暗いところでやわらかく光ります。明るいところでは普通の折り紙ですが、電気を消すなど暗くするとボワーッと光る夜光折り紙です。1包5枚入りで216円です。蓄光加工は片面のみとなります。隣り中央部のオーロラおりがみも人気です。

単色おりがみの15cm、11.8cmは100枚入り。7.5cmは125枚入りです。

単色おりがみの15cm、11.8cmは100枚入り。7.5cmは125枚入りです。

折り紙のサイズで鶴の大きさがこれだけ違います。

折り紙のサイズで鶴の大きさがこれだけ違います。

沢山入っていてお得な50色60枚入りの折り紙や、40柄180枚入り、30柄150枚入りの千代紙など色々あります。気になるのは折り紙サイズの違いによる出来上がりの大きさですが、7.5cmの緑、11.8cmの黄、15cmの赤で鶴を折った時の大きさの違いはこれくらいあります。実際に出来上がりの翼長を測ったら、それぞれ7cm、11cm、14cmになってましたよ。

鶴とサンタを千代紙で折ったら和風になった。

千代紙で折った鶴と和風のサンタです。

折り紙で折ったトリとサル。

来年と今年の干支、トリとサル。折り紙で折りました。

日本文化の折り紙を折るだけではなく、折り紙を楽しみませんか。

上は我が家の孫が作った鳥の列。犬や象、ウサギなどを折って折り紙を楽しみませんか。

教育折り紙のカバーに「想像力、色彩感覚を養う」とありますが、おりがみは指先を動かす巧緻性を発達させ、平面から立体への構成力や想像力を高めるすぐれた知育教材です。巧みに指先を使う能力を高め、鍛えることが脳の発達に大きく影響し、子どもの知能は高められるそうです。幼児期にこうした能力を鍛えることが脳の発達に大きく影響し、子どもの知能は高められるそうです。四肢を動かすこと・体のリズム・運動能力などとも密接な関係があり、手先が器用に動く子どもほど社会性でのコミュニケーション能力も高い傾向にあるそうです。メーカーも折り紙など感性や創造性の豊かな子どもに育つよう愛情ある知育教材としての商品開発に努力しています。子供は親が育てるのが当然ですが、地域の子どもは地域で育てると言う考え方もあり、古河屋文具も子どもの育成に文房具屋として出来ることでお手伝いできればと思っています。

折り紙 | コメント(0)

祝辞や謝辞、挨拶文などを書くための式辞用紙です。

祝辞や謝辞などを書く式辞用紙には、手書きだけでなくインクジェットプリンター対応もあります。記念式典などでの挨拶や祝辞、謝辞などを書くのに使う奉書の式辞用紙です。最初に、写真左のインクジェットプリンターを使用するタイプです。もちろん手書きでもご使用になれます。用紙が4枚と封筒2枚、多当紙2枚が入っています。価格は486円になります。内容を書く用紙のサイズは210mmX470mmありますから、1枚で収めることも可能と思います。1枚に収まらない場合は必要枚数に印字してから端を糊付けすれば良いようにできていますので安心です。

封筒と折りたたんで包む多当も付いていますので、お使いになる場面に応じて使い分けることが出来ます。メーカーホームページからテンプレートをダウンロードすることも出来ますよ。

続いて写真右は、伝統的に毛筆を使用する手書きタイプで441円になります。この少し大きいサイズは毛筆で書く手書き用となります。用紙は1枚、多当紙は2枚入っています。封筒は無く、多当のみとなります。毛筆や墨は先日スライドショーでの取り扱い商品でご紹介したもの等がありますのでお気軽にご相談ください。手書き用、インクジエットプリンター用のお好きな方をお選びください。

小筆、中筆、太筆とだるま筆などの毛筆です。
墨や墨液、下敷きなどの毛筆を使う時に必要なものです。
毛筆タイプからフェルトタイプなど、簡易に使える筆ペンです。

和紙の便箋など、インク止してあるので万年筆なども使えます。後日ご紹介したいと思いますが、毛筆ではなくペンで書くなら、和紙の便箋や封筒もあります。インク止めをしてありますので万年筆などでも問題なく使えます。お揃いの封筒と便箋もありますよ。

商品の紹介 | コメント(0)

折り紙で簡単に折れるサンタクロース。

15cmの折り紙で折ったサンタクロースです。折り方でサイズが異なります。今朝の戸田は雪景色です。昨夜からの雨が雪に変わり1カ月早いホワイトクリスマスのようです。また少しはすごしやすくなるのでしょうか、このまま寒さが続くのでしょうか。今日は、折り紙で概略ですがスライドショー的にサンタクロースの折り方をユーチューブにアップしてみました。私が折るので、写真左側の簡単に折れるものになります。折りながら写真を撮ったので、位置もずれて動画にする際に位置やサイズを合わるのに若干時間を取られてしまいました。出来上がりましたのでご覧ください。

先日も折り紙をお求めになられる方が来店されました。やはりサンタクロースを折るそうです。準備を楽しまれているようでしたよ。7.5cmでは小さいし、さりとて15cmでは大きいからと11.8cmの折り紙を探されていて買われていかれました。「このサイズが売って無いのよ」と話され、あちこち大分探してしまったとの事でした。これで準備が出来ると嬉しそうにお帰りになりました。喜んでもらえてよかった。クリスマスに合わせプレゼントされるそうです。

折り紙の3サイズ、7.5cm、11.8cm、15cmの物でそれぞれ鶴を折った時の大きさの比較です。左の写真は7.5cm(きみどり)、11.8cm(き)、15cm(あか)の折り紙で鶴を折ったものです。出来上がりの違いの参考までに。

こが屋文具でも鶴やサンタクロースなどをプレゼントしています。

折り紙 | コメント(0)

Page 1 of 2412345...1020...Last »