使い易く丈夫、楽しく長く使えるぺんてるの0.5mmシャープペンシル「スマッシュ」

1986年発売、1987年にはグッドデザイン賞を受賞しているロングセラー商品、ペンテルの0.5mmシャープペンシル「スマッシュ」です。使い易く、丈夫で、楽しく長く使えるぺんてるのシャープ「スマッシュ」が届きました。0.5mmのシャープペンシルです。注文して品切れ状態で注文キャンセルになっていると思っていたのが、先日届きました。1986年に発売され、翌1987年にはグッドデザイン賞を受賞している、人気のロングセラー商品なんです。発売されてからすでに31年。息が長いですねぇ、その人気が伺えます。

先端部とグリップが一体となり、滑り止めの小粒のゴムが機能的で握り易いです。ノック部分にはこれまでには無かった蛇腹式のゴムカバーが付きました。最初に目を引いたのが口金とグリップが一緒になっていたデザイン。「先端部はどこで外すのかなぁ」等と思ったものです。製図用のみだったロングスリーブ、それも4mmの長さを使用したり、梨地仕上げの本体から小さな滑り止めゴムが42ヶ所も出ていて実に握り易いのです。しかもノック部にオートバイのショックアブソーバーのような蛇腹式のゴムカバーが付いていたりと非常に機能的であり斬新なデザインでした。

開発コンセプトは製図用シャープ「グラフ1000」のいいとこ取りをした一般向けシャープペンシル。製図用にのみ付いてた芯の硬度表示も遊び心で付けたそうです。確かに必要ないかもしれないけど楽しい気遣いになっています。タフに使えることもテーマになっていたそうです。確かに丈夫ですよ。実は私も使っています。1990年頃に使い始め、今ではノック部分のゴムが破けてしまったけど、本体も芯の繰り出しなど何ら使用するのに問題はありません。

グッドデザイン賞を受賞しているペンテルの0.5mmシャープペンシル「スマッシュ」です。皆さんの前で実際に使って、本当は「タフな商品」とお知らせしたいのですが、紺屋の白袴になっちゃうといけないので、時々家でのみ使用しています。そのタフさを知って欲しくて今回の紹介となりました。

使い易くて、楽しく、長く使える商品ですよ。

文房具の使い方など | コメント(0)

秒速接着できる瞬間接着剤アロンアルファは安全にご利用ください

最初に販売され現在まで続く、瞬間接着剤アロンアルファの一般用。秒速接着で便利ですが皮膚など付きやすいので注意して使ってほしいのが、瞬間接着剤アロンアルファ。今では普通の瞬間接着剤ですが、最初に発売されたのがこの一般的用です。この商品は今でも継続販売されています。硬質プラスチックや金属、合成ゴムに向いています。この表示も分かり易くなったので良いですね。陶器のヒビなら液体タイプを浸透させれのが一番です。かけている場合も仮止めしながら染み込ませていく事も考えてみてください。一滴タイプのハイスピードEX、速効多用途のエクストラ等と種類も増えいていますよ。

一般用より用途の広いハイスピードEX、使い易いプッシュボトルで一滴ずつ付けられます。広い面積を付ける時は何か所かに一滴ずつ付けて数秒押さえれば大丈夫です。秒速で接着できるので便利ですが、人間の皮膚などは良く付きます。注意しながら軽く押さえていたのに接着剤が少し漏れて指などにつくことがあります。この様な事が起きないように充分に注意してください。

もし着いてしまったら、僅かならぬるま湯に付けながら、少しずつ揉み解すようにして剥してください。強く引っ張るなど無理に剥さないようにしてくださいね。皮膚が取れちゃう時がありますよ。広く付けてしまった時は無理をせず、医者に行って見てもらうようにしてください。

一般用より用途の広い速効多用途になります。私自身、この製品が出始めた頃に指で押さえていてはみ出た瞬間接着剤がでについてしまったことがあります。はがすのは大変だったのを覚えています。ぬるま湯でと言うのを知らなかったし、今なら、はがし液もありますので販売店でお聞きください。

安全に便利に使ってくださいね。

商品の紹介 | コメント(0)

表彰状や修了証を保管するのに便利な丸筒です

50×360mmの丸筒です。A3サイズが入りますよ。感謝状、表彰状などを保管しておくときに便利な丸筒です。どちらのご家庭にも1本位はあると思います。写真はA3サイズが入る5cm×36cmの丸筒です。保管する時は少し細目に巻いて入れ、出す時は中央部から少し細くするようにして取り出すと楽ですよ。丸い部分は金属になります。昔からあるすべてが紙製の丸筒はお取り寄せとなります。丸筒に賞状用紙を入れる時は筒より少し細めに巻いて入れると、中で広がるので簡単に入ります。出すときは中から少し巻き取るようにして、細目にすると取り出し易いですよ。

丸筒とA3サイズのOA対応コピー賞状用紙です。こちらはA3サイズのOA対応コピー賞状用紙と丸筒です。コピー賞状用紙を使えば筆の使えない方でも、パソコンで文面を作成しインクジェットプリンターで印刷して、気軽に表彰状や証書なども出来ますね。賞状用紙と丸筒の大きさが分かると思います。写真の文字は後から合成しています。A4サイズのコピー賞状用紙もありますよ。

私は丸筒をもらうと子供の頃から蓋を外すときに「ポンッ」とやってしまいます。子供っぽいですが・・・・皆さんもやりませんか?この写真を撮る時も何回もやっていました。家内が見ていたら「何やってるのっ」と言われそうです。普段はそっと静かに外しますが。

保管に便利なように四角いものもあります。こちらは角筒と呼ばれています。角筒は、古河屋文具ではお取り寄せとなりますので、時間に余裕をもってご注文ください。

商品の紹介 | コメント(0)

2穴パンチやゲージパンチも手入れをしてください。

お気に入りのイラストや配布資料を、ファイルノートに綴るための穴を空けるゲージパンチです。ファイリングなどに使う紙などに穴を開ける2穴パンチや、ルーズリーフを作るためのゲージパンチもときどき手入れをしてください。パンチにも刃がありますので切れが悪くなったらとか、押しても重く感じる時など手入れをしてください。包丁やナイフのように砥ぐ必要はありません。刃の部分に油を付けたり、金属部分が擦れたりする部分に油を付けるだけです。やり方も簡単なんですよ。

ファイルにとじる穴を空ける2穴パンチです。大きさに関わらず穴のピッチは規格で決まっています。私も時々使用しているパンチに油を付けています。ポイントは付け過ぎない事。付け過ぎたらふき取る事ですが、V字型の刃に直接触れると手を怪我したりするかもしれませんので、刃に直接手を触れないようにしてふき取ってください。ではどうするのか?

パンチの手入れについて動画にして、You Tubeにアップしてみました。動画ではゲージパンチで紹介していますが、2穴パンチでも手入の仕方は同じです。ご覧ください。

文房具の使い方など | コメント(0)

ステッドラーの0.5mmシャープペンシル、カラーコレクションです。

使って楽しいカラフルな0.5mmシャープ、ステッドラーのカラーコレクションです。ステッドラー社の製図用が母体となっている0.5mmのシャープペンシル、カラーコレクションです。5色あるのですが、写真の様にマシュマロホワイトを除く4色をおいています。上からマーガレットピンク、キャロットオレンジ、ライムグリーン、スカイブルーです。使っていて楽しくなる色合いで、価格も1本378円とお求め易くなっています。

私が学生時代からシャープやホルダーなどの製図用品には、ステッドラーの良い商品が多かったですね。私はなぜか機械科だったので、使っていたことがあるんです。このシャープのボディバランスも良いと思いますよ。普通に書くときには問題ありませんが、ペン先のスリーブも4mmと長いので定規を当てて引く時にも傾け方で定規から離れたりする事もなく便利ですね。ボディカラーも綺麗な色彩なので書いていても楽しいと思います。私は文房具屋の息子なので、店に有ったペンテルのシャープなどを使用していましたが、ステッドラーのは購買部で購入し使っていました。ステッドラーは懐かしいです。

専門家の使う製図用がベースになっているので扱い易いと思います。お試しください。

こが屋文具もHPやブログだけでなく、Facebook PageやInstagramでも情報発信しています。
>> Web Page <<
HP : http://www.kogayabungu.jp/
Blog :  http://www.kogayablog.net/
Facebook : https://www.facebook.com/kogayabungu/
Instagram: https://www.instagram.com/kogayabungu/

◎毎週水曜日はポイント2倍進呈
◎パパ・ママ応援ショップ優待カードを精算時にご提示された方には、ポイント3倍進呈します
—————————————————
◆こが屋文具
戸田市川岸2-5-5
(地図 https://goo.gl/maps/j6VqF4VSdB42 )
Tel 048-442-4754
Fax 048-445-1473
営業時間 9:30~20:00
日曜日定休

商品の紹介 | コメント(0)

ジャポニカ学習帳で楽しく勉強してください

B5サイズのジャポニカ学習帳を取り揃えています。もうすぐ桜も満開になりそうですね。新学期や入学式に向けてお子様も親御様も準備を楽しみながらも忙しいのではないかと思います。今年1年生になるお子さんは学校に入る嬉しさと心配とが混在してるのでしょうね。心配しないよう落ち着かせてあげてくださいね。こが屋文具では小学校の学習帳はジャポニカ学習帳を取り揃えています。私が子供の頃は、A5サイズで学年ごとに決まっていて、使いかけのノートも全て交換していました。今考えるともったいないのですが、当時はお店で聞くとこれだよと言って貰えたものです。今は先生やクラスで使用する学習帳は異なるので、お子さんの使用しているものを確認してくださいね。

ジャポニカ学習帳は中央部を糸綴じにしているので、ノートの開け閉めが頻繁でも丈夫ですよ。罫線も目に優しい色を使用し目が疲れにくいようにしたり。表紙の名前欄をコートレスにして鉛筆で書けるようにしています。メーカーの心配りが詰まったノートですね。

古河屋は『必要なモノを必要な時に、書斎の机の引き出しを開けるようにお気軽にご利用ください。』をモットーに楽しい店を目指しています。お取り寄せできる商品もありますのでお気軽にお問い合わせください。

市内商店共通のポイントカード「とだオールカード」にも加盟していて、108円お買い上げごとにポイントを進呈しています。
通常のポイント進呈だけでなく、
◎毎週水曜日はポイント2倍進呈。
◎パパ・ママ応援ショップ優待カードを精算時にご提示された方には、ポイント3倍進呈しています。
◎こが屋文具も Facebook Page だけでなく、インスタグラムやブログでも情報発信しています。下に書いておきましたので、折りを見て覗いてみてください。
実際のお店もお近くに来た時には忘れずにお願いします。(^_^)

>> Web Page <<
HP : http://www.kogayabungu.jp/
Blog : http://www.kogayablog.net/
Facebook : https://www.facebook.com/kogayabungu/
Instagram : https://www.instagram.com/kogayabungu/
—————————————————
◆こが屋文具は
戸田市川岸2-5-5
(地図 https://goo.gl/maps/j6VqF4VSdB42
Tel 048-442-4754
Fax 048-445-1473
営業時間 9:30~20:00(開店時刻が変わりました)
日曜日定休になります。

商品の紹介 | コメント(0)

日本の伝統文化の折り紙で楽しいひと時を!

回して遊べる独楽や犬、鶴などを折って楽しみませんか。折り紙は日本の伝統文化です。一度は鶴や兜などを折った事があるのではないでしょうか。写真の左でブレているのは回転している独楽です。犬や兜、鶴などを一人で折ったり、小さなお子さんに教えたり、一緒に折って楽しんでみてはいかがですか。もうすぐ春休みですね。短い春休みにお子様と折り紙を折ったりして楽しいひと時を過ごしてみるのも良いですね。平面の紙を折ることで、立体的な形を創り出せる折り紙。想像力を養い、脳の活性化にも役立つそうです。あなたも楽しんでみませんか。

折り紙のサイズで出来上がる鶴の大きさの違い。単色おりがみは、100枚包の15cm、11.8cm、125枚包の7.5cmの三種類があります。私が折り紙を覚えたのは、子どもの頃に当時店に勤めていたお姉さんからでした。鶴を何回も折ってもらって覚えました。カブトの折り方や、袴、だまし船など等。その後に母に自慢したりと・・・・その時教えてもらっておいて良かったなぁと、今でも折れるし懐かしい思い出でもあります。

日本伝統の折り紙は、宇宙へも飛び出していますね。三浦折りと呼ばれる折り方で、打ち上げる時はコンパクトに折りたたんでおき、宇宙で太陽パネルを簡単に展開できるようになっています。逆に折りたたむのも簡単にできるのがこの折り方の特徴でもあります。この折り方は地図を持ち運ぶときにも便利ですよ。最近はスマホで地図アプリがありますが、大きな地図や資料などをコンパクトに折りたたんでおき、広げて使ったらまた折りたたんでおくのが簡単にできるんです。

千羽鶴用おりがみだけでなく、初めての方にも千羽鶴が作れるキットもあります。柄の豊富な千代紙のセットになります。オーロラおりがみや光るおりがみなどの、ちょっと変わったおりがみもあります。古河屋では単色の折り紙から色込になった教育おりがみ、千代紙など多数取り揃えています。単色折り紙だと15cm、11.8cm、7.5cmのサイズがあります。15cm、11.8cmはきん・ぎんを含めて60色ありますのでご希望に近い色が見つけられると思います。

今年の干支、トリを折ってFacebook Pageのカバー写真に使っています。陳列棚の上段には千羽鶴用キットや千羽鶴用セット、単色折り紙もあります。サイズが違っても色味が変わらないよう、同じメーカーの折り紙を扱っています。

折り紙 | コメント(0)

絵の具で楽しく絵を描きませんか

古河屋で取り扱い中の絵の具用品です。  暖かくなってきました。屋外での写生なども楽しくなる季節ですね。子供の頃に色々とバックに詰めてクラスで移動したのを思い出します。そう言えば子供の頃、空は水色から濃い青へと書きましたが、高校の頃からグレーから青に変わっていったように思います。最近はまた水色からになってきているのでしょうか。そんなことを思い出しながらデッサンや写生に使う道具、絵の具などをご紹介します。

動画では最初に筆洗を紹介しています。使わない時は重ねて小型に、使用時はバラバラでも合体せても使えるので便利ですね。筆洗もメーカーにより、次代により変化しています。バケツ型だった事も、かたくて安定はしているけど持ち運びにくかったり。ビニール製で折りたためて持ち運びは便利だったけど、水を入れても少し不安定だったりと、一長一短がありました。様々な要望を解決しながら変化しているのですね。

F6、F4スケッチやB6~A3のサイズもあります。 絵画などなら濃い鉛筆。4B~6B、10Bもありますよ。 消しゴムにもデッサンに向いたもの等いろいろな種類があります。絵の具もポリチューブに代わり発色も良くなりました。画用紙も八つ切りと倍のサイズの四つ切を在庫しています。スケッチブック等B6~A3までありますので必要に応じてお選び下さい。

商品の紹介 | コメント(0)

書き味の良さで人気を分けている、三菱とゼブラのボールペン

ジェットストリームとスラリ300が陳列状態です。三菱鉛筆の「ジェットストリーム」とゼブラの「スラリ」です。書きやすさで人気のボールペン「書き味なら、こちらのボールペンはどうですか」と二種類を薦め、試し書きされると「私はこちらが良いなぁ」と言われ購入されていかれる商品です。その違いは、ジェットストリームは低粘度インクを使用し書き味を劇的に変えた初めての商品。スラリはエマルジョンインクを使用し滑らかな書き味に変わりまた。どちらが手に合うかはお試しください。

ジェットストリームの黒インクボールペンです。ジェットストリームの赤と黒のボールペンに0.5mmシャープが付いています。三菱鉛筆のジェットストリームで4色と3色ボールペン。共に0.7mmです。三菱ジェットストリーム4色ボールペンと0.5mmシャープペンシルが一体になっています。ゼブラのスラリが発売されるまで、三菱のジェットストリームはお薦めするとその書き味の良さで必ず選ばれていました。発売された商品の事をこの様に書くと簡単に出来たようですが、インク開発までには10,000点以上の試作を経ていると言うから大変だったと思います。

書き味なめらかな、ゼブラのエマルジョンインクを使用した0.7mmと0.5mmのボールペンです。書き味なめらか、ゼブラのエマルジョンインクを使用した3色と4色ボールペンです。ゼブラのエマルジョンインクを使用したボールペン用替え芯対して、後発のゼブラのスラリはエマルジョンインクを使用し、書き味を変えた商品です。こちらも油性と水性ジェルのインクを乳化させ混ぜ合わせ、安定させその状態を維持させて書きやすさを追求しているので、大変な努力と技術が有ったと思います。水と油は混ざり合いませんものね。混ざったように見えてもすぐに分離してしまいますから。

先日、スラリが書きやすいとお求めになられたお客様から「事務所で訪問者に署名してもらうためエマルジョンインクとこれまでの油性ボールペンを複数本置いていたら、何回か来ると殆どの方がスラリを選んで使用していた」との話も聞きました。

このような情報を頂けるのも嬉しいですね。お薦めした甲斐があったと言うものです。共に書けば分かるその書き味の違い。ジェットストリームとスラリ、どちらをお選びになるかは別として、きっと気に入りますよ。
共に0.7mm、0.5mm、3色、4色ボールペンなど種類もあります。

◎こが屋文具は Facebook Page 等で情報発信しています
————————————————–
◆こが屋文具
戸田市川岸2-5-5(地図
Tel 048-442-4754
Fax 048-445-1473
営業時間 9:30~20:00(営業時間を変更しました)
日曜日定休

>> Web Page <<
HP : http://www.kogayabungu.jp/
Blog : http://www.kogayablog.net/
Facebook : https://www.facebook.com/kogayabungu/
Instagram : https://www.instagram.com/kogayabungu/

商品の紹介 | コメント(0)

襖紙などの貼り方、シワを防ぐ袋張り。

襖紙などを張る時の袋張りのやり方。周囲には濃い糊を、中央部に薄い糊を付けて貼る方法です。袋張りをご紹介します。袋張りって何?と思われるでしょうね。部屋を仕切る襖紙等を貼る時の方法です。自分で張る方も少ないのではないでしょうか。今は糊を使わずに切手のように水を付ければ貼れますが、それ以前は襖紙の裏面に糊がついていなかったのでヤマト糊などの「でんぷんのり」を使って貼っていました。写真の様に周りが濃い糊、中央部に薄い糊を付けて貼る方法です。

全体に糊をつけて貼るとシワになり易いのに、乾いてもシワが伸びることなくそのまま残ってしまいます。それを防ぐために、写真の様に刷毛などで周囲には普通に糊を付け、中心部には使用している刷毛を水に浸けて糊を付けます。刷毛に残った糊が薄められて紙に付けるというやり方です。

周りが濃い糊、中心部に薄い糊がつくことになり、少し位シワになっていても乾くと紙が縮んでピンと張ってくれるのです。よほど強いシワでない限り大丈夫です。

ヤマト糊では接着力が弱いと思ったら、木工用ボンドを混ぜてみてください。共に水溶性なのでよく混ざり、接着力が上がりますよ。この貼り方は、箱に綺麗な紙を貼ったりする時にも使えますよ。

片面に張ると乾いたときに反ってしまう。 裏側に帯状に紙を張って反りを防ぐ。両側に張る時は良いのですが、片側だけ張ると反ってしまう事があります。でも、隠れてしまうので襖紙を張ってもねぇと言う時、写真の様に反対側にも帯状で良いので張ってみてください。お互いに反りを打ち消し合いますよ。

このやり方は子どもの頃に、父親から教わりました。

文房具の使い方など | コメント(0)

Page 1 of 2512345...1020...Last »