人が聞き取りやすい2つの周波数で呼ぶ、コクヨの防災用救助笛(ツインウェーブ)です。

カテゴリ:商品の紹介
タグ:, , ,

聞き取りやすい音で居場所を知らせ、助けを求めるのに必要な笛です。災害はいつ起こるかわかりませんね。万一の時にも周囲に自分の居場所を知らせるため、軽く吹くだけで音の出る笛は必需品と思います。写真はコクヨの防災用救助笛ツインウェーブです。この品、いくつか特徴があります。軽く吹くだけでも鋭い音が出る。人が聞き取りやすい音を出すように工夫されている。ネックストラップや携帯などにも取り付けやすいように作られ、持ち運びも便利。価格も1コ525円と安いのも魅力です。写真のオレンジだけでなく、白もあります。

実際に吹いてみると軽く吹いてもはっきりとした音が鳴ります。個人的には、ある程度の大きさもあって吹きやすくなっているのも良いと思います。ツインウェーブと言う名の通り、メーカー説明によると、3,000Hzに使い音域と5,000Hzに近い音域の2つの周波数の音が一緒に鳴るので、より広範囲の人に知らせることができるというものです。人間が聞き取れる音は20Hz〜20,000Hzと言われていますが、聞き取りやすい周波数があって3,000HZ〜4,000Hzだそうです。3,000Hz付近で音を感じる蝸牛器官が共鳴しやすいので察知しやすいのだそうです。人の声なら通りやすい声と言うことのようです。単純に聞き取りやすいで良いようにも思いますが、なぜこのような仕組みなのかを知ることも楽しいし、納得して使うことができますね。被害を減らすためにもどうしたらいいのかをイメージし、備えるためにも、身を守るためにも災害について知っておく必要があります。

意識を持ち続けるため、携帯に取り付けています。私はこの笛を写真のように携帯につけてあります。

ちなみに、毎月1日と15日には災害伝言ダイアルを試すことができます。171に繋がつたら、ガイドに従えば簡単に録音や聞くことができますので、皆さんも、ぜひ一度お試しください。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/bungu/article1072.php/trackback/

コメントをどうぞ

*