ちょっと嬉しい、安全に配慮されたコクヨのフッ素加工されたカッターナイフ<フレーヌ>です。

カテゴリ:事務用品
タグ:, , ,

フッ素加工された刃で糊などが付きにくくなったカッターナイフです写真はコクヨのカッター<フレーヌ>です。特徴は名称からも理解できるように①カッター刃に触れることなく刃の交換ができる。と言うもの。②刃先がフッ素加工されているため、粘着テープ類を切っても糊などが付きにくくなっている。③写真のように指にあたりそうな部分にはラバーが付いていて指にも優しくなってます。価格は1本346円です。

特徴のフッ素加工による糊が付きにくいのは、コクヨのグルーレスハサミでもおなじみだがカッターにも施された。個人的に使っているときに気になるのが切っ先が丸まり長切れしないと言うものだが、フッ素加工のおかげなのか2段刃のおかげなのか、切れ味が長続きしているように思う。父親からもナイフなどを研ぐときに「ハマグリ状に研ぐと長切れする」と教えられていただけに納得です。

折った刃を捨てる容器が付いてるのが嬉しいですね。これは嬉しいと思ったのは安全面での配慮。製品に折った刃を捨てる容器が付いている事。今まで、替刃がサービスで付いているものはあったが、折った刃を入れておく容器が最初からついているものはなかったと思う。替刃を別途購入すれば、捨てるための容器と一緒になっているので問題はないが、お客様に捨てる時に、他の人が刃先を「誤って触れないようにして」「セロテープなどで挟むなどして」とか注意するよう話していた側とすれば、製品に最初から付いているのは嬉しい配慮で良いと思う。

スライダーが、上部にあるため利き手を問わず使いやすいのではないだろうか。右利きの場合、定規に当てて切る時でもスライダーが定規を抑えている左手の指にあたったりして切りにくかったりする時があるが、それが無い。

替刃に直接触れることなく交換できますグルーレスハサミのようにチタンコートを施されたものまで発売されるのだろうか?

カッターは使い方を間違えると自分や他人を傷つけてしまいます。十分注意してご使用ください。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/bungu/article1278.php/trackback/

コメントをどうぞ

*