長野県飯山市から雪下にんじんが届きました。

カテゴリ:商品の紹介
タグ:, , ,

年に一度だけ八百屋になるこが屋文具に長野県飯山市の友人から雪下にんじんが届きました。

友人から届けられた雪下にんじん。

今日は、昼から雨になりました。長野県飯山市でも冷たい雨が降っているのでしょうか?昨日、予定より一日早く「雪下にんじん」が届いたのです。予定では今日だったので、雨の中配達をしないで済んだのは幸いでした。この商品は年に一度だけ、エコステーションで知り合った長野県飯山市の友人から届けてもらい、店で販売しているのです。封を開けると「あっ、久しぶりの香りだ」と。。。。懐かしい、フルーティな香りがします。クール宅配でもないのに、にんじんもしっかり冷えていて飯山の寒さが感じられます。小ぶりのが1本あったので、洗ってまるかじりしてみました。「美味しい!この味だぁ」。にんじんが大好きと言うのではないのですが、これは大好きなんです。今までまるかじりなんてしたことは無く、初めてでしたが良いものです。

昨日は一日だけですが、文房具のこが屋は八百屋さんになりました。個人的にも非日常の商品なので扱っていて楽しいです。とは言え、この商品非常にデリケートなんですよ。一冬雪の下に在っただけに糖度は増して甘みが強いのですが、ひとたび掘り起こされると、どんどん普通のにんじんに戻っていきます。糖度の高くて甘い、フルーティーな味と香りはにんじんにとっては異常事態だったので、寒さが無くなれば普通のにんじんに戻りたいわけです。

今回も入荷して午前中に連絡を済ませ、来店できない方には配達しその日のうちに全てをお手元に届けることが出来ました。入荷したらすぐにお届けし、食べてもらわないとこの味はすぐに変わっちゃいますからね。我が家では酢漬けなどで保存しています。砂糖をほとんど加えないでジャムのようにして保存したこともあります。パンにつけても美味しいんですよ。

雪下にんじんはメールでお知らせし、予約から販売、到着予定日をお知らせしご来店の案内、お届け等をしているのですが、本業とは違った観点で商売やメールの扱いを考えることが出来ます。

今年は、写真のように泥つきでは無く洗われた状態でした。どうして例年と違うのか、届いたことを知らせるためもあり友人に連絡したところ、天候不順なこともあって泥が乾かないので、農家さんとも相談して「洗って届けよう」となったそうです。お客様に話したところ「かえって、ちょっと洗えばすぐに食べられるから、いいわぁ」と喜ばれてしまいました。友人から「今年は、雪下にんじんらしい味だって農家さんが言っていたよ」と言われた事ももちろんお伝えしてきました。大きすぎず、未熟でもない丁度いい育ちと味なんでしょうね。知り合いを通して農家の言葉や心や思いを伝える事も、商人として大切なことと思っています。また、自信を持ってお勧めできる商品で無いと本業にも差し支えるので、自分の舌でこれならと思える商品を選んでお客様にお勧めしています。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/bungu/article525.php/trackback/

コメント / トラックバック2件

  1. ミーちゃん より:

    こがやさんのお蔭で、今年も美味しい「雪下にんじん」を味わうことが出来ました。
    3キロを融通してもらったのですが、昨年より甘く感じたのは、こがやさんも同じみたいですね。
    「にわか八百屋さん」
    ありがとうございました。

  2. kogaya より:

    > ミーちゃん
    にわか八百屋のこが屋です。(^_^)
    美味しかったと言われるとお勧めしている者として、とても嬉しいです。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

*