気力ならぬ気圧の差がポイントの書きやすいボールペン、パワータンクです。

カテゴリ:商品の紹介
タグ:, , , , ,

三菱鉛筆から発売されている、圧縮空気で加圧され、書きやすいボールペンのパワータンクです。7日に紹介した、撥水ぺーパーを使用したメモ「レインガード」と一緒に使うと便利だと思い、今日は圧縮空気が書きやすさの秘密と言う三菱のボールペン「パワータンク」のご提案です。リフィール内に圧縮空気が入っていて紙面に向かってインクが押し出されるのですが、線切れやかすれもなく、水に濡れた紙、氷点下の環境でも筆記することができます。くっきりと濃い描線を途切れることなく滑らかに書く事が出来ます。もちろん逆さにしてもインクが切れることなく書くことが出来ます。1気圧は1013hPaですが約30倍の3000hPaと言う圧がかかっているんです。ボールも小さな突起が付いているので濡れた紙にも書けるという優れもので、書きやすさも相俟って長い人気があります。こが屋文具で扱っているのはスタンダードなノック式で0.7mmの細字と1.0mmの中字があります。
1本210円です。替え芯も105円と廉価なので更にうれしいですね。

メーカーの宣伝文句には無重力の宇宙でも筆記が可能です。とありますが、何人くらいの人が体験できるんだろう。出来れば体験したいですね(^_^)。山﨑直子さんや野口聡一さんは使ったのでしょうか?疑問です。。。。書くのが平らな場所だけとは限らない職業の方にも便利な商品ですよ。クリップボードなど使えないとか、受取を屋外の現場で書いてもらう等など・・・・そうそう、クリーンルームでも使いやすいと息子も言っていました。

気圧差と言うと、東京ドームは内部の空気圧を外気より0.3%高めて膨張させているそうですが、経験された人なら分かりますよね、外へ出るときの風の強さ、家内と初めて行った時は驚きました。飛ばされそうになったのですから。1013hPaの0.3%ですから、3hPaの差しかないんですよね。3000hPaってどれくらいすごいのでしょうね。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/bungu/article656.php/trackback/

コメントをどうぞ

*