枚数を多く綴じるのなら、針を使うタイプのホッチキス(ステープラー)です。

かさ張らないフラット綴じもある、針を使用するホッチキスです。書類などを綴じるホッチキスです。紹介するのは針を使うタイプです。左からコクヨの32枚綴じ、MAXの28枚綴じ。共にフラット綴じです。MAXの20枚綴じ、ピンクは針が2連100本、ブルーは1連50本装填できます。針を使うと書類などを重ねていると針の部分が盛り上がってしまいデスクに置いていて崩れたなんてことありましたよね。今は、よりかさ張りにくいフラット綴じタイプが主流になっています。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

手を汚さない、紙がしわにならない、コクヨのテープのりドットライナー。

テープのりは、4種類を販売中です。テープのりって便利ですよね。紙がシワにならない、両面テープの様に長さを合わせて切る必要もない。持ち運びにも便利なサイズになっています。学校で使う時には写真左上の筆箱にも入る小型の使いきりタイプ(216円)とカートリッジ交換タイプ(本体259円、交換183円)があります。テープのりも出来た当初は両面テープの様に糊が薄く塗布されていました。ですから、張り合わせたい紙の面からテープのりを話すと、納豆の様に糸引きと言う現象が起きていました。切れると小さな寄りが出来て、貼り合わせると段になったりしたものです。現在の製品は粘着部分がドットタイプとなっているので、糸引きなども無くなり張るのが楽になっています。ドットタイプにしたのもコクヨが最初です。コクヨのテープのりはドットライナーと呼ばれていますが、これは糊の部分がドットタイプと言う事からついています。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

書き味に定評のあるジェットストリームは種類も豊富。

4色インクのジェットストリームボールペンに0.5mmのシャープペンシルが一体となった4&1です。

4色ボールペンにシャープペンシルが一体となった4&1

深みのある赤い方はボルドー色。赤ワインのように深みと透明感のある色合いも素敵なのは0.7mmの4色ボールペンと0.5mmシャープペンシルが一緒になっている4&1です。青い方(ネイビー色)は0.5mmの4色ボールペンと0.5mmシャープペンシルが一体となった4&1になります。ともに1本1,080円です。書き味には定評のあるボールペンにシャープペンシルが付いているのは2本持つ必要が無いのが嬉しいですね。このボールペンをお薦めするとほとんどの方がファンになられています。替え芯も良くお求めに来られます。最後まで使い切って替え芯をお求めいただけるのは売る側としても嬉しいですね。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

コクヨの軽い力で糊付けできるスティック糊「なめらかプリット」です。

軽く滑らかに糊付けできる、コクヨの「なめらかプリット」です。コクヨのスティック糊「プリット」は「赤色」と言うイメージがありますが、この「なめらかプリット」はイメージカラーの赤はあるものの、白と水色をメインにした爽やかな色使いです。通常のプリットとは違う事をアピールしたのでしょうか。使うとすぐに分かるのは、糊の硬さはしっかりしているのに紙の上では滑らかに滑り、サラッと糊付けできます。何回かこすり付け厚めに糊付けしようとしても滑らかな動きは変わらず、粘り気を感じさせません。粘りがないので接着力が弱いのかと感じてしまいますが、いやいや何の、接着力は強くしっかり貼れますよ。価格は1本129円と、通常の物と変更はありません。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

軽い力で綴じられる小型のホッチキス

マックスのhd10fsはハンディタイプながら軽く綴じられ、針も2連装填できます。マックスのハンディタイプ、ミディフラットと呼ばれるフラットクリンチホッチキスです。全長83mm、重さ75gと小型タイプなんです。ハンディタイプと言われるのが良く分かります。最近は様々なものが小型化する方向にあるようです。ホッチキスですから、軽く綴じられるのかも大切と思うんです。これはどうかと言うと、小型化されると綴じる時の力がより必要になると思いますが、それが意外と必要ないんです。軽い力でも綴じやすいように機構が進化しているようです。価格も324円とお求めやすくなっているのも嬉しいです。おまけに、針も2連分100本が最初から付いてお得ですよ。色は、ブルー、レッド、オレンジ、ライトグリーン、ホワイトの5色あります。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

コクヨの針を使わないステープラー(ホッチキス)はどう綴じてるの?

コクヨの針を使わないステープラー、ハリナックスの綴じ方の動画です。最近のステープラー(ホッチキス)で人気なのが針を使わないものです。コクヨの針を使わないハリナックスがどのように書類を綴じるのか動画でご紹介します。どう綴じるのか?なんてすごく気になりますよね。気になるのは私だけ?と言っても無理やり紹介します(^_^;)。綴じる位置を確認できるように窓が付いたのですが、確認よりどう綴じるのかよく見えます。以前使っていたものは金属製で綴じる所は見る事が出来ませんでした。ひっくり返したりして見たりしていたのですが・・・・このハリナックスは窓のおかげで綴じるのが楽しいです。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

軽い力で穴のあけられるコクヨの2穴パンチが進化しました。

あけ始めから終わるまで軽く滑らかに感じられる機構が付いた、2穴パンチのPN-G25Bです。コクヨの2穴パンチ、メーカーは『穴をあける時「楽あけリンク機構」で押し始めから押し終わりまで、動きに合わせて理想的なバランスで力を配分する事で、穴あけが軽く滑らかに感じられます』と言います。今までも軽い力で開けられていましたが、さらに進化したようです。しかも、穴あけ位置を楽に合わせられるゲージも付いています。穴を開ける時に紙を半分に折って中心を出して、パンチの印にあわせてから穴をあけるけど、ガイドが付いているのですぐにセンターを合わせることが出来ますよ。ゲージの特徴として、ゲージの高さが穴をあける位置と同じなので紙が垂れる事もないので薄手の紙でも楽に位置合わせできると思います。写真はコピー用紙で最高25枚まであけられるPN-G25B、価格は1台1,242円です。色は他に黒、赤があります。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

ボールペンの替え芯を買うときは本体ごとお持ちください。

交換時は替え芯だけでなくボールペン本体も一緒にお持ちください。ボールペンの替え芯を買いに見えるのですが、たまに何も持ってこられない方がいらっしゃいます。一番良いのは本体ごとお持ちいただくことです。取り扱いのある芯ならその場で入れ替えまでできますが、何も持ってこられない時が一番困るんです。替え芯は同じメーカーでも何種類もあるんですよ。文房具屋としては、もっと替え芯の種類を減らしてほしいと思うのですが。そこでお客様が購入時に「替え芯もあるので、その時は本体ごとお持ちください」と声掛けしています。なぜでしょう? 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

ちょっと嬉しい、安全に配慮されたコクヨのフッ素加工されたカッターナイフ<フレーヌ>です。

フッ素加工された刃で糊などが付きにくくなったカッターナイフです写真はコクヨのカッター<フレーヌ>です。特徴は名称からも理解できるように①カッター刃に触れることなく刃の交換ができる。と言うもの。②刃先がフッ素加工されているため、粘着テープ類を切っても糊などが付きにくくなっている。③写真のように指にあたりそうな部分にはラバーが付いていて指にも優しくなってます。価格は1本346円です。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

2013年のスケジュール管理に能率手帳

来年2013年用のスケジュール管理に能率手帳をどうぞ。昨日の喪中はがき印刷に続いて、来年2013年用のアポイント手帳を届けてくれました。日本能率協会マネジメントセンター発行の能率手帳16種類です。小型版、普及版等大きさや内容が異なりますので使い慣れたもの、お好きなものを選ぶ事が出来ます。中には、能率手帳の上手な使い方の説明などもあり、初めて使う方にも便利ですよ。この手帳は、震災復興のために「手帳1冊の売り上げにつき10円」の寄付活動をしているそうで、2012年版では総額49,726,290円が震災による遺児の方への基金へ寄付されたそうです。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

Page 1 of 212