ボールペンの替え芯を買うときは本体ごとお持ちください。

カテゴリ:事務用品
タグ:,

交換時は替え芯だけでなくボールペン本体も一緒にお持ちください。ボールペンの替え芯を買いに見えるのですが、たまに何も持ってこられない方がいらっしゃいます。一番良いのは本体ごとお持ちいただくことです。取り扱いのある芯ならその場で入れ替えまでできますが、何も持ってこられない時が一番困るんです。替え芯は同じメーカーでも何種類もあるんですよ。文房具屋としては、もっと替え芯の種類を減らしてほしいと思うのですが。そこでお客様が購入時に「替え芯もあるので、その時は本体ごとお持ちください」と声掛けしています。なぜでしょう?

最低でも使用済みの替え芯をお持ちいただけると助かるんです。口頭で「ボールペンの替え芯下さい」と言われても、何も持ってこられていないと見つけられない時が多いんです。この場合、店に陳列してある商品を見てもらうのですが、店に無い商品だったりする事もあります。すると、まず替え芯が分かりません。本体の長さ、ノック式などバネを使用していればバネ止めの位置など様々な種類があります。

芯だけでもあれば良いのですが、芯も無いとお手上げと言うのが実情です。メーカーと替え芯の品番を言ってもらえれば別ですが、これは難しいので、一番簡単で確実な「本体ごとお持ちください」とお願いしています。

古河屋では国産のパイロット、三菱鉛筆、ゼブラの3社だけでも取り扱っている替え芯は62種類あるんです。それでも国産ボールペンの一部でしかありません。多いと思います?すくないと思います?

ボールペンの替え芯を買うときは本体ごとお持ちになると時間もかからず良いですよ。こが屋文具からのお願いでした。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/jimu/article1347.php/trackback/

コメントをどうぞ

*