とだオールカードの飛騨高山招待旅行に添乗 1日目

カテゴリ:まちの一こま
タグ:, ,

飛騨高山の屋台会館5月12~13日の一泊二日で飛騨高山の旅行に行ってきました。今日は1日目をご紹介します。
市内全域で共通の「とだオールカード」と言うポイント事業を実施している、戸田市商業協同組合のご招待旅行にスタッフの一人として参加して来たものです。高山へは一度行った事があるのですが、友人たちと富山へ行った帰りに立ち寄ったと言う程度でのんびり街を散策するようなものではありませんでした。今回スタッフとは言え行けたのはラッキーでした。バスの中では普段からお付き合いのあるお客様からの差し入れなどで盛り上がり、どちらがもてなす側なのか分からない状態でもありました。(^_^;)

秋の高山祭り、八幡際が行われる桜山八幡宮の鳥居です。桜山八幡宮を詣でる。高山祭りの屋台会館を見学と桜山八幡宮を詣でました。高山祭りは春と秋の2つの祭りの総称であること、秋の高山祭りを八幡祭と呼びこの桜山八幡宮で行うことも知りました。ちなみに、春の高山祭りは日枝神社で行い山王祭と呼ぶそうです。山王祭の呼び方は東京でも同じですね。

 風情のある古い町並みを散策しました。 
宿泊は高山の本陣平野屋花兆庵さん。早めのチェックインで温泉に入りのんびりされた方、まちの散策に出かけれられた方など様々です。私は陣屋跡と古い街並を尋ねましたが、平日にもかかわらず人出が多く土曜・日曜などの混雑具合を想像してしまいます。

のんびりと試飲を楽しんでいました。「お酒が多いね」なんて話をしながら途中にあった蔵の中のような雰囲気の試飲所では5勺ほどの枡が1杯200円で飲めるのですが、結構賑わっていました。

夏用の冷酒、舩坂酒造の甚五郎をお土産に購入。ここで夏用の冷酒「飛騨の甚五郎」(舩坂酒造店、本醸造生貯蔵酒)4合瓶を1本購入しました。私はほとんど飲めないのですが、一緒に言った人が「美味しい」と言うのでお土産にしました。

建物の色や伝統など、まちを守るための努力は大変なものがあると思いますが「もてなす心がしっかりしているのだろうねぇ」と同行の理事長と話したりしていました。夕食には美味しいと言っていた地酒の「甚五郎」を出してもらい味わってもらいました。

陣屋にいる時に別のスタッフと連絡した際、ちょうど雨が降り出したらしく傘を借りたようで、その時に傘を届けてくれると言っていたのですが、話していた本人ではなく聞いていた宿の人が陣屋の入り口まで届けてくれたのでした。陣屋を出る時には止んでいたのですが、これには感謝です。

時間にゆとりがあり、まちの風情と人情にのんびりと過ごせた第1日目でした。

【1日目の食事】
赤カブの里での昼食は、飛騨牛の朴葉みそ焼きでした。昼食は平湯で飛騨牛の朴葉みそ焼きでした。
左上がボケているのはお向かいの方の分のためです。

飛騨高山での宿泊、本陣平野屋花兆庵さんでの夕食です。夕食は本陣平野屋花兆庵で食前酒から飛騨牛、デザートまで写真のような豪華さです。左上から右へ順に出てきました。

全て美味しく食べさせてもらいました。

菖蒲一花が添えられていましたが、季節を演出してくれて楽しいですね。我が家の花瓶で蕾を膨らませてくれています。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/machi/article559.php/trackback/

コメントをどうぞ

*