ノートの綴じ方には糸綴じと糊綴じがあります

カテゴリ:ノート
タグ:,

小学生の学習帳、ジャポニカ学習帳は糸綴じです。ノートも殆どが左側を糊で綴じる様になっていますね。昔は糸綴じが普通だったんです。それでも面白いのは、小学生の使うジャポニカ学習帳は糸綴じなんですよ。子供達の激しい使いにも耐えるようになっているのでしょうね。糊に変わり始めたときはまだ糊の接着力が低く、使っているうちにバラバラになるときがありました。簡単になるのではなく、使いがちょっと激しい時、つまり開け閉めが多いと綴じた部分が剥がれてしまいバラバラになっちゃう事がありました。今は強くなっているのでほとんど無いと思いますが、糸綴じの安心さにはかないません。

糸綴じって丈夫なんですよ。長期間使用するのなら糊で綴じたものより使用時の開け閉めに耐えるのでお勧めしています。だからこそいまだに小学生の学習帳に使われているのでしょうね。見分け方は綴じてある部分を横から見ると紙がU字になっているのですぐに分かりますよ。倍の大きさの紙を真ん中で糸で縫い綴じて、半分に折っていますからね。

ジャポニカ学習帳の中央部、糸綴じの部分です。ただし、丈夫だからといって破らない事。糸とじのノートを使用している頃に、友達がメモを忘れたからと1ページ切り取ってあげた事がありました。すると、別のページが知らぬ間に取れているのです。なぜか最初分からなかったものの、よく見ると半分に折った中央部分を糸で綴じてあるので反対側も取れてしまうことが分かりました。何枚も切ると紙が減って糸に隙間ができて緩んでしまう事にもななります。これが欠点でもあり紙を切り取らない方が良いのですが、どうしても破くときは最後のページから、糸から少し離してハサミなどで切れば反対側も残るし、全体が緩んでくることもありません。学習帳の綴じ方を見ていて思い出したことです。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/notebook/article1521.php/trackback/

コメントをどうぞ

*