代田八幡神社で孫の七五三。

カテゴリ:元気の元
タグ:,

祝詞が始まる前にすでに緊張が薄れている。外孫の蕾さんは7才に、薫くんは5才になりました。11月24日の土曜日に小田急線世田谷代田駅近くの代田八幡神社で、姉弟仲良く一緒に七五三でした。小さいながらも代田八幡神社は天正19年(1591年)に宇佐八幡より分霊されたそうです。神主さんも歴史と同じくゆったりとしていて、孫たちの動きにもニコニコしていてくれて落ち着くのを待ってくれていました。太鼓が鳴ると孫たちも少し神妙になったようで、祝詞の中で自分の名前が上がると照れているようでした。

父親に手を引かれ社殿に向かう薫くん。雨上がりなのに、二人ではしゃいでいる。代田八幡神社の階段を上ってくる孫たち。雨は上がったもののまだ濡れている神社でふざけている二人、着物が濡れてしまったのではないでしょうか。店は連休にして家内と御祝に出かけ、お昼は久しぶりに旦那さんのご両親と8人で芋煮会での昼食でした。旦那さんのお母さんが山形出身で、毎年美味しい芋煮をごちそうになるのですが、昨年は中止となりお邪魔するのは二年ぶりとなってしまいました。御祝の席ながら飲食店ではないので孫たちもすぐに着替えて気楽な食事で一日を楽しんできました。それにしても初孫が7歳・・・・早いものですね。

現在孫が3人、3番目の幹斗くんが七五三になるのは3年後です。またすぐに来そうです。。。。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/syumi/article1202.php/trackback/

コメントをどうぞ

*