襖紙などの貼り方、シワを防ぐ袋張り。

襖紙などを張る時の袋張りのやり方。周囲には濃い糊を、中央部に薄い糊を付けて貼る方法です。袋張りをご紹介します。袋張りって何?と思われるでしょうね。部屋を仕切る襖紙等を貼る時の方法です。自分で張る方も少ないのではないでしょうか。今は糊を使わずに切手のように水を付ければ貼れますが、それ以前は襖紙の裏面に糊がついていなかったのでヤマト糊などの「でんぷんのり」を使って貼っていました。写真の様に周りが濃い糊、中央部に薄い糊を付けて貼る方法です。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)

袋張りという張り方をもう一度

ふすま張りをすると乾いても表面に皺がよりにくいです。箱などにお気に入りの紙や綺麗な紙などを張るとき、又は大きな紙をパネルに貼りたいんだけど、皺が出来て綺麗に張れないなんて事ありませんか。そんな時便利なのが「袋張り」という張り方です。袋張りというくらいですから、袋を作って張るのか?ではなく、袋のように周りだけ糊をつけるやり方です。襖を張ったりするときに糊をつけるやり方なんです。この張り方は乾いたときに皺になり難く紙をピンと張るための張り方でもありますので、覚えておくと役に立ちますよ。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)

木工用ボンドの面白い使い方

コニシ株式会社の黄色の容器が特徴の木工用ボンドです。でんぷん糊を薄めて使う時に強度が心配な事ってありませんか?そんな時どうされています。薄めずに使う!正解です。という事ではなく、薄めたまま接着強度を増す方法があります。それは、木工用ボンドを適量混ぜる事です。水溶性なので水で薄める事が出来ます。のりを薄くつけたいけど強度が必要な時に便利なので覚えて置かれるといいですよ。薄めているので刷毛などを使うと綺麗に均一に付けることが出来ます。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)