コンバーターを使用して万年筆にインクを入れる様子を動画でご紹介します。

取り寄せたパイロット万年筆カスタム74とコンバーターと呼ばれるインクの吸入器です。私はスペアインクを使用せずに、ボトルからインクを吸い上げるコンバーターを使用しています。万年筆もスペアインクが出るまではボトルから吸い上げていたのですから、元に戻ったともいえます。万年筆の軸の横に小さな金属レバーがあり、片側をテコの様に引っ張り出したり戻したりしてインクを吸い上げていたのです。残念ながら当時の万年筆は手元に無いので画像もありません。写真は最近のものです。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)

シンプルでも使いやすいパイロットの万年筆、カクノで書くことが楽しくなる。

パイロットの万年筆「カクノ」です。初めて万年筆を使うお子様へのプレゼントに、何色かのインクを使いたいとき、細字と中字が欲しい時など等、この「カクノ」はオススメの万年筆です。価格も税込1,080円とお買い求めしやすいのも嬉…..

全部を読む»

商品の紹介 | コメント(0)

パイロットの素敵なインク「色彩雫(いろしずく)」です。

パイロットのカラフルなインク「色彩雫(いろしずく)」全21色の色見本です。皆さんは万年筆に何色のインクを使っていますか?黒かブルーブラック、ブルーの方がほとんどだと思います。私は一般的なブルーブラックを使用していますが、写真の様なカラフルなインクもあるんですよ。「色彩雫(いろしずく)」と言う名で素敵な色合いが21色あります。娘の嫁ぎ先の姑さんが使っているようで、葉書きが届いたときに書かれていた文字の色が竹林でした。商人として挨拶の内容より先に文字の色に反応していいる自分に「しょうがないなぁ」と思ったことがあります。カートリッジには無い色なのでコンバーターを使えばこんな素敵なインクも使えます。このインクは取り寄せとなりますが、全21色あって1本50ml入りで1,575円です。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

万年筆への思い

今まで使用していたパイロットのカエデ軸の万年筆です。私が今まで使っていたのは古いタイプのカエデ軸の万年筆(左の写真)なんですが、愛着があってペン先を交換して使っていました。それが別の場所がダメになり久しぶりに新しくしました。それが先日紹介した「カスタム74」(一番下の写真)です。万年筆を初めて使ったのは、中学生になるのでもらった時だったように覚えています。もらったのはパイロットのインクが見える窓が初めて付いたものでした。嬉しかったですねぇ。何か大人になったような気がして・・・・。それから何本使ったことか、ボールペンが主流になってからは持っていてもほとんど使わなくなったのですが、近ごろ以前にもまして乱雑に描く癖がついて来たように思います。万年筆で書くと何か落ち着いて書けるんですね。気持ちを落ち着かせて文字を大切に書く為にも持っていたい道具の一つです。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)

注文していたパイロット万年筆カスタム74が届きました。

取り寄せたパイロット万年筆カスタム74とコンバーターと呼ばれるインクの吸入器です。今まで使っていたカエデ軸の万年筆が使えなくなったので、新しくしました。注文したのはパイロットのカスタム74、価格は10,500円。ペン先は中字より先が軟らかめにできているソフト中字です。最近乱雑に描くことが増えてきているのと、書くときに力を入れすぎる、太めに書きたくなっていた等の理由で、若干寝かせて持つことで筆圧を下げることを意識しソフトタイプの中字を選んでみました。もともと万年筆は鉛筆やボールペンのように筆圧を必要としない道具なのですが、ボールペンに慣れているので結構力が入っているようです。この万年筆はペン先の種類が豊富なんです。一緒に万年筆の下にある735円のコンバーターCON-70も購入しました。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)