芯の濃さの違い

芯の濃さの違い。Bの数が多いほどこくてやわらかく、Hの数が多いほどうすくてかたい。FはHBとHの間。子供達から鉛筆やシャープ芯でBやHの表示が濃さだということは分かっているようですが「Fって濃さはどれくらい」とか「2Bと2Hって、どっちが濃いの」と言う質問が来ます。0.5mmのシャープペンシル芯を買いに来ると良く聞かれます。そこで濃さについての説明を書いたものを近くに表示しています。ちょっとご紹介をしたいと思います。写真は三菱鉛筆の0.5mmシャープペンシル用芯ナノダイア1個216円です。4Bから4Hまで10種類の硬度を取り揃えているので疑問に思うのでしょうね。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)

マックスの情報保護用ローラー式スタンプwithレターオープナーの使い方

コロコロ転がして個人情報を見えにくくする、レターオープナーの付いたローラー式スタンプです。ダイレクトメールなどの宛名など他人に見られたくない時に、簡易的に宛名を見えにくくするのが個人情報用スタンプですが、色々なメーカーから発売されています。ご紹介するのはマックスの製品、コロコロケシコロです。見えにくく隠す様子を動画でアップしましたのでご覧ください。個人情報保護用ローラー式スタンプ、コロコロケシコロを転がして宛名を見えにくくします。←こちらをクリックして下さい。

続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)

定規の向きと使い方

左側が斜めにカットされているのは何故だろう?写真の左側部分が斜めにカットされているのが分かりますか?なんとなくカットされている訳ではないのです。液体インクを使って線を引くときに役立つのです。直定規で線を引く時何気なく使っていませんか?ポスカや水性・油性のペンなどを使った時に滲んで「うわー、やっちゃった!(*_*)」「この前は大丈夫だったのに」と言う覚えがありませんか?それは、このカットされた部分をどう使ったかなんです。鉛筆やボールペンでは全く問題ないのに、何故でしょう。水性・油性に限らず液体インクのもつ科学的な問題、毛細管現象なんですよ。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)