気力ならぬ気圧の差がポイントの書きやすいボールペン、パワータンクです。

三菱鉛筆から発売されている、圧縮空気で加圧され、書きやすいボールペンのパワータンクです。7日に紹介した、撥水ぺーパーを使用したメモ「レインガード」と一緒に使うと便利だと思い、今日は圧縮空気が書きやすさの秘密と言う三菱のボールペン「パワータンク」のご提案です。リフィール内に圧縮空気が入っていて紙面に向かってインクが押し出されるのですが、線切れやかすれもなく、水に濡れた紙、氷点下の環境でも筆記することができます。くっきりと濃い描線を途切れることなく滑らかに書く事が出来ます。もちろん逆さにしてもインクが切れることなく書くことが出来ます。1気圧は1013hPaですが約30倍の3000hPaと言う圧がかかっているんです。ボールも小さな突起が付いているので濡れた紙にも書けるという優れもので、書きやすさも相俟って長い人気があります。こが屋文具で扱っているのはスタンダードなノック式で0.7mmの細字と1.0mmの中字があります。
1本210円です。替え芯も105円と廉価なので更にうれしいですね。

続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)