教育折り紙や単色のおりがみ、昔からある和風の千代紙。

色込になった教育折り紙と単色折り紙や両面おりがみがあります。

一般的に初めて使う教育折り紙(下段左)と単色折り紙(上段)

折り紙、千代紙などの取り扱いをしています。取り扱っているのは株式会社トーヨーの折り紙がメインとなっています。理由は色味が豊富で、サイズも豊富なこと、メーカーが異なると色名が同じでも色味が違ってしまいますから。折り紙と言うと、一般的に初めて使うのが写真左下の教育折り紙の15cmサイズではないでしょうか。数色がセットになっていて、15cmだと金銀入りで27色27枚入り、11.8cmだと金銀入りで27色43枚入りです。大きめの17.6cmだと金銀が入って14色14枚入りです。価格は同じで1包み129円になります。子供の頃には金銀が入っているのがうれしかったですね。教育折り紙には折り方の図も入っていますよ。 続きを読む»

折り紙 | コメント(0)

ご購入いただいた折り紙で折った千羽鶴の写真を送っていただきました。

第92回全国高校サッカー選手権大会に向けての千羽鶴駒澤大学高等学校サッカー部様に折り紙を購入頂き、これまでの千羽鶴の写真を送っていただきました。担当の先生に許可を頂きましたのでご紹介させていただきます。一人一人が心を込めて折った鶴。11.8cmの折り紙を使用しているのでボリュームがあります。 続きを読む»

折り紙 | コメント(0)

万年筆への思い

今まで使用していたパイロットのカエデ軸の万年筆です。私が今まで使っていたのは古いタイプのカエデ軸の万年筆(左の写真)なんですが、愛着があってペン先を交換して使っていました。それが別の場所がダメになり久しぶりに新しくしました。それが先日紹介した「カスタム74」(一番下の写真)です。万年筆を初めて使ったのは、中学生になるのでもらった時だったように覚えています。もらったのはパイロットのインクが見える窓が初めて付いたものでした。嬉しかったですねぇ。何か大人になったような気がして・・・・。それから何本使ったことか、ボールペンが主流になってからは持っていてもほとんど使わなくなったのですが、近ごろ以前にもまして乱雑に描く癖がついて来たように思います。万年筆で書くと何か落ち着いて書けるんですね。気持ちを落ち着かせて文字を大切に書く為にも持っていたい道具の一つです。 続きを読む»

文房具の使い方など | コメント(0)