災害用救助笛<ツインウェーブ>と防災の日

コクヨの良く聞こえる防災用救助笛ツインウェーブです。明日、9月1日は防災の日ですね。家具の固定や災害が起きた時にどうしたらいいのか、被害を減らすために何をしておけばいいのか、等など、夫々の立場で事前に検討しておくことが大切ですね。文房具屋として便利な商品として以前にも紹介していますが、安全にかかわる事なのでまた紹介したいと思います。それは、災害用救助笛<ツインウェーブ>です。価格は税込みで1個540円です。価格と性能、サイズも考えればお勧めですよ。私自身もスマートフォンに取り付けて使っています。名札のネックストラップに付けておくのも良いと思いますよ。 続きを読む»

元気の元 | コメント(0)

阪神淡路大震災から20年、この経験から何を生かすのか?

コクヨの良く聞こえる防災用救助笛ツインウェーブです。明日、1月17日は阪神淡路大震災から20年になります。私自身は明日は我が身と考え、どうしたら発災時に生き延びられるのか?自分の愛する家族や大切な人をどうしたらまもれるのか?想像し、イメージし、考えています。
災害発生時には自分自身を守る事しか出来ません。すぐ傍に居ても守れないと思います。だったら災害が起きる前に、一人ひとりが命を守れるようにしておく事、万一の時にも助けてもらえるための努力をしておくことではないかと思います。耐震補強、家具の固定、食料や水の備蓄、帰宅困難時に持っていると便利なものなど等・・・・何が必要なのか、自分に合わせて考えています。皆さんも考えてみてはいかがでしょう。 続きを読む»

元気の元 | コメント(0)

芦原小・親子防災キャンプ2012に参加しました。

暑いのを倒さないよう、誰のかわかるように名前を書いて並べています。7月14日14:00~15日12:00に開催された「芦原小・親子防災キャンプ2012」に運営協力で参加してきました。2006年に主催者として実施してから6年、久しぶりの開催です。今回は地元からの要望があり、私が代表を務めるエコ・とだ・ネットワークは運営協力で参加してきました。内容は、避難所となっている芦原小学校のアリーナ(体育館)に宿泊体験するためで、避難所生活がどんなものかその一端を体験するため、体験して何を感じるのか、その為にどうしたら良いのかを考えてもらう事が目的です。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

人が聞き取りやすい2つの周波数で呼ぶ、コクヨの防災用救助笛(ツインウェーブ)です。

聞き取りやすい音で居場所を知らせ、助けを求めるのに必要な笛です。災害はいつ起こるかわかりませんね。万一の時にも周囲に自分の居場所を知らせるため、軽く吹くだけで音の出る笛は必需品と思います。写真はコクヨの防災用救助笛ツインウェーブです。この品、いくつか特徴があります。軽く吹くだけでも鋭い音が出る。人が聞き取りやすい音を出すように工夫されている。ネックストラップや携帯などにも取り付けやすいように作られ、持ち運びも便利。価格も1コ525円と安いのも魅力です。写真のオレンジだけでなく、白もあります。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)