阪神淡路大震災から20年、この経験から何を生かすのか?

コクヨの良く聞こえる防災用救助笛ツインウェーブです。明日、1月17日は阪神淡路大震災から20年になります。私自身は明日は我が身と考え、どうしたら発災時に生き延びられるのか?自分の愛する家族や大切な人をどうしたらまもれるのか?想像し、イメージし、考えています。
災害発生時には自分自身を守る事しか出来ません。すぐ傍に居ても守れないと思います。だったら災害が起きる前に、一人ひとりが命を守れるようにしておく事、万一の時にも助けてもらえるための努力をしておくことではないかと思います。耐震補強、家具の固定、食料や水の備蓄、帰宅困難時に持っていると便利なものなど等・・・・何が必要なのか、自分に合わせて考えています。皆さんも考えてみてはいかがでしょう。 続きを読む»

元気の元 | コメント(0)

2013年のスケジュール管理に能率手帳

来年2013年用のスケジュール管理に能率手帳をどうぞ。昨日の喪中はがき印刷に続いて、来年2013年用のアポイント手帳を届けてくれました。日本能率協会マネジメントセンター発行の能率手帳16種類です。小型版、普及版等大きさや内容が異なりますので使い慣れたもの、お好きなものを選ぶ事が出来ます。中には、能率手帳の上手な使い方の説明などもあり、初めて使う方にも便利ですよ。この手帳は、震災復興のために「手帳1冊の売り上げにつき10円」の寄付活動をしているそうで、2012年版では総額49,726,290円が震災による遺児の方への基金へ寄付されたそうです。 続きを読む»

事務用品 | コメント(0)

芦原小・親子防災キャンプ2012に参加しました。

暑いのを倒さないよう、誰のかわかるように名前を書いて並べています。7月14日14:00~15日12:00に開催された「芦原小・親子防災キャンプ2012」に運営協力で参加してきました。2006年に主催者として実施してから6年、久しぶりの開催です。今回は地元からの要望があり、私が代表を務めるエコ・とだ・ネットワークは運営協力で参加してきました。内容は、避難所となっている芦原小学校のアリーナ(体育館)に宿泊体験するためで、避難所生活がどんなものかその一端を体験するため、体験して何を感じるのか、その為にどうしたら良いのかを考えてもらう事が目的です。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

南三陸町ヤマウチ商店さんからご無事お祝い品が届きました。

南三陸町からご無事お祝い品の「しっかり朝ごはん」です。我が家では、NPO全国商店街まちづくり実行委員会の震災あんぜんパック・家族型をこの商品が始まった時から購入し続けています。今年も震災あんぜんパック事務局から1年間被災がなかったことから家族型購入者宛てに特産品が届きました。今年のご無事で何よりの品は、2月12-13日と訪れた南三陸町ヤマウチ商店さんからの商品「しっかり朝ご飯」11点入りでした。美味しそうです。 続きを読む»

交流 | コメント(0)

被災地応援訪問団で石巻市、南三陸町を訪れて来ました。

被災から11か月。2012年2月12日の南三陸町志津川のまちを志津川中学校から撮りました。2月12〜13日、早稲田の安井潤一郎さんたちと一緒に石巻市と南三陸町を訪れてきました。戸田からはライオンズクラブの4名と奥様1名、戸田市商工会職員の園田さん、斉藤直子市議さん、私の8名を含め総勢36名でした。出発前日にメールで「最低気温が-10℃、防寒対策は忘れずに」と石巻からの連絡があったのですが・・・・古川に着くと肌を刺すような寒さです。写真は、志津川中学校から12日に撮影したもので、川の右岸の道路は398号線。右上から道路に交差するのは気仙沼線です。時間がまだ早いからとホテルを通り越し南三陸町の志津川中学を目指しました。翌日の日程に余裕を持たせるためでもありました。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

十五夜の月

9月11日、煌煌と輝く十五夜の月がとても綺麗です。今日は暑い一日でしたね。しかし、今夜の屋上に吹く風は湿度があるので爽やかとは言えませんが、気持ちの良いものです。十五夜の月を撮影の為、屋上に上がると風が優しく身体を包んでくれました。ビデオカメラで静止画撮影したものをトリミングしています。過日の流星群は撮れなかったものの、今夜は雲も無く、ゆっくり撮影する事が出来ました。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

カエルが好きで、アマガエルを触ろうとしている孫

カエルが好きで触りたがる孫。昨日は、久しぶりに娘家族に連れられ、白岡町にある「しらおか味彩センター」へ遊びに行ってきました。家内と娘は中で野菜などの買い物、私たち男三人はしばらく買い物に付き合っていましたが、外のベンチで休憩。台風の影響で急に激しく降りだし、休憩していたパラソルの下で5分ほど動けず、しばらく雨宿りでした。小ぶりになって建物の軒下へ非難。そこで見つけたアマガエルに孫の幹斗君は興味津々。触ると言って、と言っても言葉にはなっていません。幹斗語で「とっとっ」と言うと触りたいと言う事らしく、親じゃなければ分かりません。(^_^) 続きを読む»

元気の元 | コメント(0)

震災あんぜんパックで「ご無事で何よりの品」が届きました

震災あんぜんパックで「ご無事で何よりの品」が届きました一昨日、写真のお米「ひとめぼれ」5kg入りが届きました。毎年購入している「震災あんぜんパック」からなのですが、今年は東北太平洋沖地震の発災によりご無事で何よりの品は無いはずだったのが届きました。被災地で購入された方が疎開を放棄し購入者に品物を送って欲しいと申し出があり、事務局で検討した結果、震度7と言う激しい揺れを経験された宮城県登米市(赤い矢印を入れておきました)のお米となったそうです。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

赤ちゃん一時避難プロジェクト

被災地の赤ちゃんと母親に、安心してもらう為に一時避難してもらうプロジェクトです。被災地の状況をテレビで見るたびに心が痛みます。私にも、4月に満1歳になろうとしている孫がいます。初めての子どもに、埼玉県内に住んでいる娘も心配が多いようです。被災地の方ならなおさらと思います。こんな状況を手助けしようと、全国商店街まちづくり実行委員会で「赤ちゃん一時避難プロジェクト」を実施しています。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

今自分に出来るボランティア

ネット上のデザインを利用させてもらい、被災地へ電気を送る為の節電呼びかけPOPを作りまし。東北地方太平洋沖地震により東北地方では多くの方が被災されました。私の知り合いも被災しています。元気でいることを願う事しか出来ませんが、ネット上で節電の呼びかけがあるのを知り、デザインを使わせてもらい店頭にPOPとして張らせてもらいました。 続きを読む»

まちの一こま | コメント(0)

Page 1 of 212