絵の具で楽しく絵を描きませんか

古河屋で取り扱い中の絵の具用品です。  暖かくなってきました。屋外での写生なども楽しくなる季節ですね。子供の頃に色々とバックに詰めてクラスで移動したのを思い出します。そう言えば子供の頃、空は水色から濃い青へと書きましたが、高校の頃からグレーから青に変わっていったように思います。最近はまた水色からになってきているのでしょうか。そんなことを思い出しながらデッサンや写生に使う道具、絵の具などをご紹介します。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

手を持ち替えることなく削れる、ラチェッタワンハンディ鉛筆削り。

手を持ち替えなくても鉛筆が削れる。ラチェッタワンハンディ鉛筆削り。これっ、簡易タイプの鉛筆削りです。見た目は普通ですが何が違うかと言うと、これまでのだと削る時に、鉛筆を回転させて持ち替え、また回転させる必要がありましたが、その必要が無いんです。持ち替えなかったら削れないと思うでしょ。ラチェットが付いていて削り器の方が回転してくれるんです。ですから持ち替えずに左右にねじるだけで削れるんです。 価格は税込みで1個324円です。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

鉛筆って何?鉛筆の芯の太さと濃さに決まりってあるの?

三菱鉛筆ユニの濃さと芯の太さを比較してみました。写真からも分かるように芯の太さは濃さと関係していますね。ノギスで測ってみたら、おおよそ3HもHBも2.0mm、3Bが3.0mm、6Bで3.4mmありました。写真左端の硬筆書写用の6Bでは、トメ、ハネ、ハライなど筆の特徴が出るように4.0mmありました。芯の太さなど、普段取り扱っている鉛筆。子供のころから使っていた鉛筆。木の軸に芯が入っている鉛筆ですが、ふと鉛筆とは何かを考えていました。調べてみるとちゃんとJIS規格(日本工業規格 JIS S6006)に言葉の定義などがありました。そこには鉛筆とは「手などで保持して描く筆記具で木軸などの中に鉛筆用しんを固定し、描くときに加わる力に耐えることのできるもの。」また、鉛筆用しんとは「炭素(例えば黒鉛)、結合剤などからなる個体筆記材。このしんは、消去可能な線を描画できる。」とあります。 続きを読む»

鉛筆 | コメント(0)

太い2mm芯を使用する三菱鉛筆のノック式シャープペンシル

鉛筆と同じ太さの2mm芯を使用する三菱鉛筆のノック式シャープペンシルです。2mmの芯を使用する三菱鉛筆株式会社のノック式シャープペンシルです。こちらは黒色の本体に uni FiELD 2.0 HBとシルバーで書かれ、先端部も金属ローレット仕上げで屋外での使用を意識し、軍手や手袋をしていても使い易いように配慮された商品となっています。建築用と大きな文字が包装材に書かれていますがもちろん建築以外の用途にも充分満足いただける鉛筆感覚で使えるシャープですよ。芯もユニの芯と同じですから滑らかで書き味も抜群です。1本756円になります。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

子供に人気のコロコロ・ローラー消しゴムです。

消しクズを付属のローラーで取り除く消しゴムです。子供に人気のコロコロ消しゴムです。ご存知の方も多いのでは・・・・文字等を消した後の消しくずを、容器についているローラーを転がして、コロコロと集めるのが子どもに人気のようです。付属のローラーを転がすと消しくずがローラーにくっつき容器の中に取り込まれていくという商品ですが、子供にしたら「どうして消しくずが消えるの?」というのが楽しいのでしょうね。
1個105円です。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

軽い力できれいに字が消せる消しゴム

摩擦低減して軽い力で消せる消しゴムです。トンボ鉛筆の消しゴムのモノシリーズがありますが、このエアタッチもそのシリーズになります。違いは、消しゴムの中に100万粒の中空マイクロエアカプセルと特殊オイルを配合して、ゴムと紙の接触面積を減らすことを含めて、摩擦力を軽減し軽い力できれいに消せるようにした点にあります。メーカーの発表では摩擦を40% OFFとの事です。サイズは一般のモノと同じ23×11×55mmで、1コ105円です。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

太い2mm芯を使う三菱鉛筆のホルダー

鉛筆と同じ太めの2mm芯を使用する三菱鉛筆のホルダー昔から評判の太い2mm芯を使用するホルダーは芯を保持しているだけなので、ノックすると芯がスッと出てきちゃいます。本体から落ちるのを防ぐため、芯の尾部に抜け落ち止めの部品が付いているのも特徴ですが、初めて使用してノックした時は「わっ!」って驚きました。あまちゃんなら「じぇじぇじぇじぇじぇっ」でしょうか!反対の手の指で出る量をコントロールするので面倒と思う人も、それが楽しいと言う人もいる人気の商品でした。私はこの作業好きでしたけどね・・・・このフィールドはシャープペンシルなのでノックする度に一定量が出てきます。ホルダーの様に驚くことは無いと思います。片手で作業できるのでホルダーとは違った楽しみがありますよ。1本525円です。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

北星鉛筆株式会社の発案文具、大人の鉛筆はじめました。

大人の鉛筆と言う名のシャープペンシル知ってる人は知っている、北星鉛筆の「大人の鉛筆」が入荷しました。問屋が取り扱いを始めたと言うので早速注文しておいたのが届きました。「鉛筆を使う事が少なくなった大人の方々に、幼いころから慣れ親しんだ鉛筆で書く楽しさを、素晴らしさを再び感じてもらいたい」と言う気持ちで作った筆記具だと、メーカーは言っています。鉛筆と言ってもノック式のシャープペンシルです。普通の鉛筆と同じ2mmの太い芯を使うので書き味は鉛筆に似た感覚をお楽しみください。天然素材は使い込むほどに手になじんできますよ。ボディーもナチュラルなものを仕入れましたので、色の変化もお楽しみください。新削り器と本体がセットで税込714円になります。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

お薦めしたボールペンを気に入ってもらえたようです。

書きやすいジェットストリームの多機能ペンです。

0.5mmのジェットストリーム多機能ペン

以前お薦めしたボールペンの替え芯を求めにご来店の方が続いて見えました。品物は三菱ジェットストリームの多機能ペンの替え芯ですが、お客様に聞かれてお薦めした品物が「書きやすかったよ!インクが終わったので替えて」と、来店されたものです。自分が薦めたものを気に入ってくれたことは嬉しいですね。お薦めした甲斐もあり、ノウハウの提供や相談出来て便利な店になれるよう努めていて良かったと思います。この多機能ペンは以前紹介したボールペン三菱ジェットストリームの多機能ペンなんです。写真は0.5mm赤・黒のボールペンに0.5mmシャープペンシルが1本になったものですが便利ですよ。本体価格は1本525円、替え芯は1本84円になります。 続きを読む»

商品の紹介 | コメント(0)

何でシャープペンシルって言うの?

普段使っているシャープペンシルは、何でシャープペンシルというのでしょうね?これはすぐに見当が付きそうですね。そうです、書いても書いても鉛筆のように先が丸くならないで、芯がいつも尖っている(シャープ)からですね。[加筆訂正します] と言うのは間違いで、メーカーの名前から来ているんですよ。(済みません、肝心な最後の部分を書かずににアップしていたようです。動画のページとリンクするため見直していて間違いに気が付きました。ここまで2013.08.07に加筆しました。)

続きを読む»

鉛筆 | コメント(0)

Page 1 of 212