万年筆への思い

カテゴリ:文房具の使い方など
タグ:, ,

今まで使用していたパイロットのカエデ軸の万年筆です。私が今まで使っていたのは古いタイプのカエデ軸の万年筆(左の写真)なんですが、愛着があってペン先を交換して使っていました。それが別の場所がダメになり久しぶりに新しくしました。それが先日紹介した「カスタム74」(一番下の写真)です。万年筆を初めて使ったのは、中学生になるのでもらった時だったように覚えています。もらったのはパイロットのインクが見える窓が初めて付いたものでした。嬉しかったですねぇ。何か大人になったような気がして・・・・。それから何本使ったことか、ボールペンが主流になってからは持っていてもほとんど使わなくなったのですが、近ごろ以前にもまして乱雑に描く癖がついて来たように思います。万年筆で書くと何か落ち着いて書けるんですね。気持ちを落ち着かせて文字を大切に書く為にも持っていたい道具の一つです。

パイロットの万年筆には全部で15種類のペン先があります。カスタム74についてはパイロット萬年筆(現在は、パイロットコーポレーション)創業74周年記念商品だと聞いていたのですが、メーカーに確認したところ丁寧な返事が返ってきて、メーカーとしての思いも書かれていました。結果はその通りでしたが、パイロットにはカタログにもあるように左の写真のようにペン先が15種類あるんです。一般的なのがF(ファイン)の細字、M(ミディアム)の中字。太めの文字が好きな方にはB(ブロード)の太字、ペン習字や簿記に向いているEFの極細、変わったところではデザインにも使われる楽譜用特太字のMS(ミュージック)、特太字のC(コース)や、私が今回求めたソフト調の中字SM(ソフト・ミディアム)などがあります。

なぜこんなにあるんでしょうね。それは、日本初の万年筆メーカーととしてお客様のニーズに応えるため、ペン先をお客様の好みでカスタマイズできるように展開したいと言う表れだと、返事の中にもありました。その商品が「カスタム」だそうです。それだけメーカーとしても力を入れている品と言えるのではないでしょうか。他の品は力を抜いていると言う事ではないですよ。

取り寄せたパイロット万年筆カスタム74とコンバーターと呼ばれるインクの吸入器です。カスタムの名前は1978年から発売された「カスタムグランディFKG-1000R」からで、使いやすい万年筆を具体的に提案するため作られたそうです。この考えを継承し1985年の創業67周年記念としてEFからMSまでの「カスタム67」が発売されました。そして1992年創業74周年を記念し更にバリエーションを増やし、万年筆初心者からベテランの方まで使ってもらえるように「本格派」にこだわり作られた品がカスタム74だそうです。私のは10,500円でしたが、特太字のCと楽譜用特太字のMSは12,600円になります。このシリーズには21,000円のカスタム742、31,500円のカスタム743もあります。

本格派にこだわっているだけに、書きやすいだけでなくバランスも良いようです。キャップを付けていても外していても非常に書き易いですよ。書き方に応じて持ち易い位置が見つかると思います。太さも男性女性と握りやすい太さがあると思いますが、力を抜くためにも程よい太さと思います。なれれば無意識に力を抜けるのではないでしょうか。

商人としてメーカーや生産者の思いをお客様に伝え、お客様の要望に応える品を提案したいと考えていますが、ペン先の豊富さがどんな意味なのか理解できますね。ますます書くことが楽しくなりそうな品物を手に入れたようです。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/treat/article1104.php/trackback/

コメントをどうぞ

*