木工用ボンドの面白い使い方 part2

カテゴリ:文房具の使い方など
タグ:, ,

コニシ株式会社の黄色の容器が特徴の木工用ボンドです。木工用ボンドは名前から分かるように木・紙・布を接着するときに使います。木に紙や布を貼り付ける時、普通に木工用ボンドをつけて貼り付ければいいのですが布だとしわになったとか貼り付けにくいときがありますね。紙ならふすま張りなどでピンと張ることが出来ますが布ではやりにくいですよね。そんな時に使えるのがご紹介するものです。

まずは木の表面に指などで、材質によっては怪我をする事もあるので出来ればへらなどを使用してあまり厚くならないよう均一にボンドを塗ります。そのまま表面が透明か半透明になるまで乾かしてください。貼り付けたい布を置いて位置を確認、生地に合わせた温度のアイロンで上から当ててもらえばくっつきます。ボンドの主成分が酢酸ビニル樹脂なので熱で溶着できるんですよ。

温度が高くなっていますので、アイロンに小さなお子様が触らないよう周りに注意をしながら作業をしてください。

 

さつき通りの文房具のこが屋

 埼玉県戸田市にある文房具のこが屋では、折り紙や鉛筆、ボールペンといった文具をはじめとして様々な文房具を取り扱っています。鉛筆の名入れサービスはご好評頂いております。

 お近くへお越しの際はぜひご来店ください。文房具の通販も行っております。ハガキや写真の印刷も取扱できます。めずらしい折り紙などの文房具の通販や鉛筆名入れ等各種サービスはこが屋にご用命下さい。

トラックバック:http://www.kogayablog.net/treat/article732.php/trackback/

コメントをどうぞ

*